Pianist♪朝原 望のブログです。 ピアノのこと、音楽のこと、日々の感動など、楽しくのんびり少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぎゃぼー!☆
2010年01月16日 (土) | 編集 |
今日は、上島さんと今年の連弾曲の打ち合わせをしつつ、
観てきました!
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
面白かった~☆
笑いどころ満載だし、ジ~ンとくるとこもいっぱい…。
ル・マルレ・オケが再び輝きを取り戻していく過程は、
音楽の盛り上がりと共にかなり感動。
千秋役の玉木くん、指揮姿、さらにカッコよくなりましたね^^。
のだめ樹里ちゃんもはまり役だし。
ここで前編終わらせるか…っていう切ないところでおわりなので、
これは後編を観ないわけにはいかないし(笑)。
4月の公開が楽しみですね~。

夜中のアニメの方も続きが始まっていて、
実写と微妙に設定が違ってたりするところもあるけど、私は両方好きなので、
またしばらくのだめワールドが堪能できそう

映画まだ観てない方、エンドロールのマングースかわいいですよ!
最後まで座席立たないでね。

のだめをみると、なぜか、練習しなくちゃ…というか、
とっても練習したくなります
不思議です。

スポンサーサイト
アマルフィ
2009年09月09日 (水) | 編集 |
最近、観たい映画が山ほどあるのに、なかなか映画館に行けるタイミングが…。
どうしても観たくて観られなかったものは後でDVD借りてきますが、やっぱり映画はスクリーンで観たいっ!て思ってしまう。
あのシーンどうだったっけ?とか、繰り返しみたい時はDVD便利ですけどね。

で、邦画初全編イタリアロケということで、テレビの宣伝がすごく気になっていた「アマルフィ~女神の報酬~」、もう先月の話ですが、我慢できずに観てきました!
思いっきりハマりました
すごい豪華なキャストで存在感あるし、音楽も素敵だった
美しい有名な世界遺産がバンバン出てきてそれだけでも飽きないんだけど、ストーリーもテンポよくて、終わりまで目が離せませんでした!
まあ、あとから思い返すとちょっと展開が強引というか都合いいかな…というところはあるにはあるんだけど、みている間は気にならなかったし、織田裕二シブくてかっこいいし(笑)、この役素敵です!
しばらく静かにじ~んと余韻に浸っていました。
スクリーンで観てよかったですよ。イタリアに行ってみたくなりました!
続編作れそうな終わり方だったけど、続編あったらきっとまた観ちゃうナ…
織田裕二演じる外交官黒田の過去が明かされるという携帯動画があるらしいんですが、配信はドコモオンリーということで…、しくしく…

あ~、あと「HACHI」も観たいなあ…。


そういえば、今日は'09.09.09だったんだ。
夜もだいぶ涼しくなって、秋ですね~。
今、うちではスズムシ・コオロギ・マツムシの大合唱です。
テレビの音聴こえないくらい!




ルーヴル美術館展
2009年06月14日 (日) | 編集 |
ずっと行きたかった「ルーヴル美術館展~17世紀ヨーロッパ絵画~」、とうとう最終日になって、今日みてきました!
HI3D0138.jpg

すごい混み具合だときいてたから最後まで迷ってたけど、やっぱり見逃す手はない!と決心して、9時半より早く着くように行きました。…が、みんな同じこと考えるのね(笑)、すでに国立西洋美術館の外まで長蛇の列。まあでも、覚悟して行ったので。
待つこと一時間半!このあと午後は仕事があって、これ以上待つとゆっくり見られない…ぎりぎりのタイミングで入館。
人気のある絵の前には人、人、人…。チビッ子な私は背伸びをしながら、隙間をかき分けつつ、やっと見ることができました。

絵は……すご~く素敵でした! 足は疲れたけど、行って良かった。
生で見る迫力はやっぱりすごい。
全体的に印象に残ったのは、光と影のコントラスト、色彩ではブルーや赤の美しさ。
楽しみにしていたフェルメールの「レースを編む女」は、思っていたより小さかったけど、とても繊細なタッチで、光の加減が絶妙で、引き込まれました。また、素敵な額に入ってるんですよね~。
美術館では、この額を含めて作品として見れるのも醍醐味のひとつです。
その他、「王女マルガリータの肖像」、「大工ヨセフ」、レンブラントの「自画像」などなど、お気に入りがいっぱいで、ひと通り見終わってからまた戻って目に焼き付けてきました!

こうやって素晴らしい絵画を、時を越えて国境を越え海を越え、見ることができるって、本当にすごいことだなと思います。
パリのルーヴル美術館には、大学生の時一度行きました。でも、その時は行ったことに夢中で(笑)、短時間ではもちろん全部なんて回れないし、あまりの広さに圧倒されて一つの絵をじっくり見る感じではありませんでした
こうやって日本に送られてきて展示される機会があるのはとてもうれしいことです。

美術展、目と心の保養に、また時間を見つけて行きたいものです。
できることならもっとゆっくり眺めていたかったけど、それでも、すごく満足しました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。