Pianist♪朝原 望のブログです。 ピアノのこと、音楽のこと、日々の感動など、楽しくのんびり少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねことお花とうさぎ
2010年05月31日 (月) | 編集 |
もう5月も終わりですね~。
なんだかとってもあっという間でした。
いつもに増して忙しかったからかな…。

先日、上島さんと連弾合わせをしつつ、ケーキパーティー
上ちゃんは6月、私は4月の誕生日なので、中間に…ということで(笑)。
近所で買ってきた、サックサクのパイの上にフルーツがどっさり乗った、
せっかく美味しいケーキだったのに、写真撮り忘れました。

上ちゃんから可愛いプレゼントをいただきました
ティータイムにミルクや砂糖を入れて使う、ねことうさぎ。
写真は前向いてますが、後ろ姿も器によじ登ってる感じがかわいいんです
見てるとなごみます。
HI3D0271_1.jpg
まんなかの素敵な素敵な押し花のカードは、上ちゃんのお母様が作られたものです。

とってもうれしかったです!
ありがとう

スポンサーサイト
今年も大漁!
2010年05月28日 (金) | 編集 |
ワイルドストロベリー、また今年もたくさん実がなりました。

今朝の収穫!

HI3D0270.jpg

ほとんど何もしてないんですが、すごい生命力で毎年どんどん増えています。
実が小さくて柔らかく、指先にちょっと力を入れすぎるとつぶれてしまうので、
意外と摘むのがむずかしい…。

イチゴはやっぱり摘みたてを食べるのがいちばん!

★2010年6月の出演コンサート
2010年05月25日 (火) | 編集 |
●2010年6月2日(水)13:15~ 
 川越市役所 市議会議場
「議場コンサート」
 
●2010年6月11日(金)12:30~
 ハイジア1階アトリウム(西武新宿駅北口徒歩2分)
「ランチタイムコンサート」
 出演:アンフィニ・サロンオーケストラ

●2010年6月16日(水)19:00~
 イタリアンレストラン・サンミケーレ(浜松町)
「クラシック寄席」
  
●2010年6月18日(金)19:00~
 国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール
「アンフィニ・コンサート」

名残惜しいけれど…(秋吉台その三☆5/5最終日)
2010年05月18日 (火) | 編集 |
いよいよ最終日。

最後の受講生コンサートに、有難いことにブラームスとメンデルスゾーンを
弾かせていただけることに前日決まっていたのですが…、とは言ってもシビアなので、
まだ最後のレッスンでどうなるかわからないドキドキの中で、
いつ練習して、いつご飯を食べ、いつ昼寝をしよう…とか(笑)(数分の昼寝は大切!
今日で終わってしまうのは寂しいな…とかいろんなことを考えて過ごしていました。

せっかくこんな機会を頂いて、こうしておけば良かったと後悔だけはしたくないから、
やることはやって、もう本番は思いっきり楽しんで弾こう!と
気持ちを強く持って臨みました。


↓ブラームスのピアノ四重奏曲。
スリル満点な(笑)ところもありましたが、とても楽しかった!
チェロは金木博幸先生です。
先生はこのあとすぐ、本州の反対の端、下北半島に飛んで行かれました。

DSCN6780_1.jpg


さて、話は飛びますが、
実は高校3年(奈良)の時の担任の先生が、現在山口市に住んでおられるので、
今回、秋吉台に行くことをお知らせしたら、このコンサートを聴きに来てくださったのです!
年賀状のやりとりはしていましたが、お会いするのは高校卒業以来!
普通高校でしたが、私が東京の音大に進学するのを応援してくださっていました。
先生にちゃんと演奏を聴いていただけたのは初めてだったので、ほんとに感激でした!
私も先生も同じだけ歳をとったわけですが(笑)、再会するともう懐かしくて…ウルウル。


そして、
↓メンデルスゾーンのピアノトリオを共演させていただいた、チェロ藤原真理先生と。
ご存知、日本を代表するチェリスト真理先生のレッスンは厳しく優しく、心に響きました。
本番前に言われた「微妙な感情のひだをもっと表現できれば…」。
少しはできたでしょうか…!?

IMG_1790_1.jpg


↓ヴァイオリンの泉原先生と、右端は大学で同じ門下だった後輩の小島慶子さん。
小島さんは今回4度目の受講だそう!でも何度も来たくなる気持ち、わかります。

38016162_1.jpg


↓チェロのギガー先生と。
ギガー先生の奥様のピアノ小林由佳先生にも、大変お世話になりました!

IMG_1795_1.jpg


そして、
帰りは新幹線だったので、新山口駅で送迎バスからおろしてもらい、
そこでまた、懐かしい人に会ってきました!
大学時代、同じ大家さんのところに下宿していたピアノの門屋寛子さん。
山口出身で、今は地元で活動しておられ、彼女は去年セミナーに参加したそうです。


今回ほんとうにいろんな出会い、再会があった秋吉台セミナーでした。
このご縁は大事にしていきたいものですね。

お世話になった先生方、スタッフの方々、
そして今回はご一緒できなかった先生方にも、
感謝の気持ちでいっぱいです。

レッスンはもちろんのこと、素晴らしい先生方と本番を共演できることは
何物にも代え難く、音楽も、それ以外のことも、同じ空間で過ごせたこと、
心で感じたものはかけがえのない宝物になったと思います。

初めての参加で、かなり必死だった(笑)ので、もう少し気持ちに余裕があればと
思いましたが、それでもとても楽しかった。
ひとまずは、吸収したことを音楽で多くの人にお伝えできるように、
がんばろうと思います!

気持ちは熱く、でも冷静さを忘れずに…(秋吉台その二☆5/3・5/4)
2010年05月17日 (月) | 編集 |
半分過ぎると、今何をすべきか整理がついて落ち着いてきました。
しかし!
何度か参加しているかたが言うには、ここからが体力と精神力の正念場…、と。
四日目からは、コンサートがレッスンの合間合間に入ってくるので、
先生方も大変で、もう走ってらっしゃいます!

私は四日目はまた、レッスンが全くない一日でした。

ところで、秋吉台にいる間ずっと素晴らしく良い天気で、
緑はさわやかだし、うぐいすは鳴いているし、
少し休憩する時外に出ると、とても気持ち良かったです。
↓八重桜が綺麗でした。

37932716_1.jpg

↓宿泊棟からホール・レッスン棟に移動するとき通る道のわきに、こんな看板が!

38039747_1.jpg

それにしても、食事は毎回バイキングで、とても充実していました。
同じおかずはほとんどなかったと記憶しています。
あの献立を考えるのは本当に素晴らしいと思います!ありがたかったです
毎食かなりしっかり食べても、頭と体力を使うので、必ずおなかが空きます(笑)!


そして五日目、
夜にクラスコンサートで二つめの本番。
↓その前のホールでの最後のゲネプロの様子。シューマンのピアノ五重奏曲。

37989165_1.jpg

左端 1stヴァイオリン、京都市交響楽団コンマスの泉原隆志先生、
右端チェロ、九州室内管弦楽団首席etc.の関原弘二先生。
関原先生は東京音大の先輩です!
秋吉台で共演できるとは…!懐かしくてうれしかったです


盛りだくさんの最終日は、次回に…!

頭の中が…(秋吉台その一☆4/30・5/1・5/2)
2010年05月17日 (月) | 編集 |
帰ってきてすでに十日以上は経っていますが(笑)、ようやく整理できそう…。


初日、飛行機で山口宇部に着いて、お昼過ぎに送迎バスで芸術村入り。
↓ご覧の通り、緑がいっぱいの山の中
電波状況が悪くメールもアンテナの立つ場所が限られ、世の中の出来事もわからず、
朝から夜中まで、練習かレッスンか本番か、食べているか寝ているかという、
怒涛の六日間のはじまりです。

37932690_1.jpg

この室内楽セミナーの趣旨は本当に素晴らしくて
第一線で活躍されている演奏家の方々が共演形式でレッスンをしてくださり、
各曲、40分のレッスン2回と20分のゲネプロで仕上げ、
本番を、研修室でのクラスコンサートか、ホールでの受講生コンサートか
どちらかで演奏するのです。
そして、他のレッスンは聴講自由、一流の演奏が目の前で何度も聴けるんです!

今回受講した曲は、
課題から希望の2曲(メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番第1楽章、
シューマン:ピアノ五重奏曲第1楽章)、
ピアノ受講生が受けられる希望曲1曲(ショパン:チェロソナタ第1楽章)、
そして、他のグループのお手伝いで参加の1曲(ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番第4楽章)。
自分で言うのもなんですが、深く考えもせず実に無謀な選曲をしたと(笑)
決めたあとで思いました!

到着して、まだどこに何があるかも把握していないうちに、迫っているレッスンの時間。
結局初日、持っていった4曲ともレッスンがありました!

頭の中がウニ状態のまま、一日目が終わり…
次の日の予定はぎりぎりまでわからないので、ドキドキです。
でも、多数の受講生の組み合わせのレッスンスケジュールを組む先生も本当に大変。

宿泊棟のお部屋は3人相部屋で、さらに二部屋につきバスルームが一つ
なので、けっこうバスルームが忙しい(笑)。
今回一緒の部屋は、ピアノとヴァイオリンのかたでした。
そのピアノのかたは、なんと東京で一度会ったことがあるかたでびっくりでした!


二日目はレッスンがまったくなく、ひたすら練習と聴講にあけくれました。
夜には交流会があり、少しホッとする時間…。
↓おにぎりをしっかり二個ゲットしている私。
左が同室のピアノの木村佐代子さん。

37933363_1.jpg


↓譜めくりしている私。
これはたまたま私の受講曲と同じ曲のレッスンで、
客観的に聴くと、ものすごく勉強になります。
レッスン室からも緑がたくさん見えて素敵なんですよ!

37994592_1.jpg


そして三日目は、
またもやレッスンが4つ続き、夜にはさっそく一つめの本番が…。

ショパンで、これは最初からこの日のクラスコンサートで弾くことに決まってはいたのですが、やはり参加して初めてのコンサートはドキドキでした!
チェロはライプチィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席クリスティアン・ギガー先生。
ギガー先生のチェロは本当に素敵で…もう最初のレッスンでやられました。
ロマンティックで透明で暖かくて、豊かな音がわきあがってくるよう。
ショパンのチェロソナタは大好きな曲で、どうしても弾きたくて選びましたが、
噛めば噛むほど味が出てくる、でもとっても難しいです。
今回は一楽章だけだったので、全楽章やりたいなあ…。


続きは、また…。

成長中…
2010年05月08日 (土) | 編集 |
今日、ティアラこうとうのホールに行きましたが、
近くの橋から見えた成長中の東京スカイツリー。

HI3D0267.jpg

現在368メートルとか…。

さわやかな五月晴れでした。
出番を待ってる昼間、あまりに気持ち良くて、
新緑がきれいな公園でお昼寝してしまいました。

日常に
2010年05月06日 (木) | 編集 |
秋吉台セミナーから昨夜帰ってきて、
今日はもう日常に戻っています。

行きは飛行機 でしたが、帰りは新幹線
車内では爆睡で(笑)、あっという間に東京でした!
長いようで短かかった素晴らしく充実した六日間、
かけがえのない財産になったと感じています。

いろんな出来事は、おいおい書いていこうと思います!

それにしても行く前は寒かったのに、もう暑いですね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。