Pianist♪朝原 望のブログです。 ピアノのこと、音楽のこと、日々の感動など、楽しくのんびり少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名残惜しいけれど…(秋吉台その三☆5/5最終日)
2010年05月18日 (火) | 編集 |
いよいよ最終日。

最後の受講生コンサートに、有難いことにブラームスとメンデルスゾーンを
弾かせていただけることに前日決まっていたのですが…、とは言ってもシビアなので、
まだ最後のレッスンでどうなるかわからないドキドキの中で、
いつ練習して、いつご飯を食べ、いつ昼寝をしよう…とか(笑)(数分の昼寝は大切!
今日で終わってしまうのは寂しいな…とかいろんなことを考えて過ごしていました。

せっかくこんな機会を頂いて、こうしておけば良かったと後悔だけはしたくないから、
やることはやって、もう本番は思いっきり楽しんで弾こう!と
気持ちを強く持って臨みました。


↓ブラームスのピアノ四重奏曲。
スリル満点な(笑)ところもありましたが、とても楽しかった!
チェロは金木博幸先生です。
先生はこのあとすぐ、本州の反対の端、下北半島に飛んで行かれました。

DSCN6780_1.jpg


さて、話は飛びますが、
実は高校3年(奈良)の時の担任の先生が、現在山口市に住んでおられるので、
今回、秋吉台に行くことをお知らせしたら、このコンサートを聴きに来てくださったのです!
年賀状のやりとりはしていましたが、お会いするのは高校卒業以来!
普通高校でしたが、私が東京の音大に進学するのを応援してくださっていました。
先生にちゃんと演奏を聴いていただけたのは初めてだったので、ほんとに感激でした!
私も先生も同じだけ歳をとったわけですが(笑)、再会するともう懐かしくて…ウルウル。


そして、
↓メンデルスゾーンのピアノトリオを共演させていただいた、チェロ藤原真理先生と。
ご存知、日本を代表するチェリスト真理先生のレッスンは厳しく優しく、心に響きました。
本番前に言われた「微妙な感情のひだをもっと表現できれば…」。
少しはできたでしょうか…!?

IMG_1790_1.jpg


↓ヴァイオリンの泉原先生と、右端は大学で同じ門下だった後輩の小島慶子さん。
小島さんは今回4度目の受講だそう!でも何度も来たくなる気持ち、わかります。

38016162_1.jpg


↓チェロのギガー先生と。
ギガー先生の奥様のピアノ小林由佳先生にも、大変お世話になりました!

IMG_1795_1.jpg


そして、
帰りは新幹線だったので、新山口駅で送迎バスからおろしてもらい、
そこでまた、懐かしい人に会ってきました!
大学時代、同じ大家さんのところに下宿していたピアノの門屋寛子さん。
山口出身で、今は地元で活動しておられ、彼女は去年セミナーに参加したそうです。


今回ほんとうにいろんな出会い、再会があった秋吉台セミナーでした。
このご縁は大事にしていきたいものですね。

お世話になった先生方、スタッフの方々、
そして今回はご一緒できなかった先生方にも、
感謝の気持ちでいっぱいです。

レッスンはもちろんのこと、素晴らしい先生方と本番を共演できることは
何物にも代え難く、音楽も、それ以外のことも、同じ空間で過ごせたこと、
心で感じたものはかけがえのない宝物になったと思います。

初めての参加で、かなり必死だった(笑)ので、もう少し気持ちに余裕があればと
思いましたが、それでもとても楽しかった。
ひとまずは、吸収したことを音楽で多くの人にお伝えできるように、
がんばろうと思います!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。