Pianist♪朝原 望のブログです。 ピアノのこと、音楽のこと、日々の感動など、楽しくのんびり少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽんぽこおやじ
2008年06月27日 (金) | 編集 |
今日は、なつかしい味に対面しました

昭和40~50年代にたくさん売られていた東京のお土産「ぽんぽこ」を、知っている方は…?
私が関西にいた子供のころ、父が東京へ出張に行くと必ず買ってきてくれたのが、「ぽんぽこ」でした。ちょっと間の抜けたタヌキの顔が可愛くて、そして美味しくて、大好きでした。
それに、カラフルなしおりに「ぽんぽこの小さな小さな物語」というお話が書いてあって、今回はどんなのが入っているかな…と、いつも楽しみにしていました
けれど、いつの間にか食べる機会が減って、私が東京へ出てきてからも、食べたいな~と思いつつ…
気がつくと「ぽんぽこ」は姿を消していました。
もう食べられないのかな…と、さびしかったなあ。

今は東京のお土産というと、種類も豊富でほんとに美味しいものがたくさんあります。
でも私の中では静かに、「ぽんぽこ」が東京のお土産!という気持ちが生きていました。


先月、新聞を何気なく読んでいると、どこかで見たようなタヌキの写真が…!
これは「ぽんぽこ」では…!
なんと、あの「ぽんぽこ」が、「ぽんぽこおやじ」となって復活していたんです 詳しくはこちらを→新聞記事

これは絶対食べなくては と…
ようやく今日、所沢市のお店まで買いに行く機会があって、なつかしい対面を果たしました

ぽんぽこおやじ

昔より、ちょっと小ぶりだけど太めになったかな。
でもこの皮と、中のほろっとした黄身あんのハーモニーは、お店とお菓子の名前が変わっても健在でした!
何だかすご~くうれしくて、なつかしくて、幸せな気持ちになりました


下の写真は、子供の時に集めた「ぽんぽこの小さな小さな物語」。
大事にとってありました!

080627物語



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。