Pianist♪朝原 望のブログです。 ピアノのこと、音楽のこと、日々の感動など、楽しくのんびり少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンドリン独奏コンクール
2008年08月02日 (土) | 編集 |
長い一日でした!
今日は、第21回「日本マンドリン独奏コンクール」(2年に1回)の関東地区予選が行われ、いつもお世話になっている竹内郁子先生のお弟子さん:橋本さんの伴奏をしてきました。
いつもながらコンクールは、なんともいえない独特の緊張感…。
朝早くから集合で、演奏順が決まり、出番までの待ちの間の気持ちの持ちようなどなど…。
ほんとうに一日が長く感じます。

課題曲2曲(無伴奏とピアノ伴奏付)と自由曲で、一人20~25分。
今回は、12名の中から3名という、かなり狭き門でしたが、橋本さん、めでたく二次予選(10月)に推薦されました
それから第18回第一位の桝川千明さんが教えている生徒さんも通過されました!
知っている方が受かるとやっぱりうれしいですね
自分の出番以降の方の演奏しか今日は聴けませんでしたが、確実にレベルが上がってきていると感じました。技術的にも音楽的にも。
なかなかマンドリンの独奏というのは一般的にまだメジャーではないのかもしれませんが、もっともっと広く良さを知ってもらえるようになるといいな…と思います。

今日の演奏が終わった直後、橋本さんが私に言った一言…

「楽しかった…

何よりもうれしかったです!
無事終わってほっとしているところに、さらに癒されました。
コンクールであろうと、演奏会であろうと、なんであろうと、やっぱりこれなんだな~…と。
また次も、新たな気持ちで目指していってほしいなと思います。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コンクールの後にそんな台詞が言えるなんてすごいなぁ
私なんて試験やコンクールで楽しかったためしがないというのに!!
お疲れさまでした。
2008/08/02(Sat) 23:22 | URL  | もこ #-[ 編集]
NoTitle
もこちゃんへ

そうね^^、試験はもう受けたくないね~私も(笑)。

コンクール後の全体講評で審査員の先生が、「コンクールという場所だからある程度緊張があるのは仕方がないけれども、聴いていてほっとするような、心が安らぐような部分がないとね…。緊張と緩和のような対比(コントラスト!)があってはじめて、音楽だから…」みたいなことをおっしゃっていましたv-341
2008/08/04(Mon) 23:37 | URL  | nonchan #-[ 編集]
NoTitle
出たー!
コントラスト笑!!
2008/08/05(Tue) 02:01 | URL  | もこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。